払えないとどうなるの?

↑TOP

督促状と催告書の違いは?

何かしら支払い義務があるにもかかわらず、その支払いを行わないでいると、通常「督促状」や「催告書」といった書面が届けられます。この督促状と催告書の違いは、どのようなものなのでしょうか?

督促状とは

まず督促状は「支払いの催促」もしくは「請求書」だと考えて良いでしょう。

返済が滞って初期段階の督促状は、文面もそれほど厳しいものではなく、返済を促す文面となっています。
単に支払いを忘れたなどの場合も多いためです。

しかし、何度も督促状が送られてくるようになると、文面は厳しくなり「返済が行われない場合は、しかるべき処置をとります」といった内容に変わっていきます。
この時点で返済を行ったり、返済についての相談を行わなければ、督促状から催告書に切り替わることとなります。

催告書とは

催告書は「支払いを迫る通知書」といった意味です。

多くの場合「○年△月×日までに返済がない場合には、法的手段等による解決を図ります」といったような、強硬な内容となっており、大変厳しい文面となっています。
また、催告書は封書やハガキといった普通郵便ではなく、内容証明郵便で届くことが多くなります。

このように、督促状に比べて催告書はより重い「通知」が来たと理解するべきものです。
いわば「最終勧告」と受け取るべきもので、これを無視した場合には資産の差し押さえや競売など、法的手続きがいつ始まってもおかしくないと理解しておくべきものです。

(参考リンク)「キャッシング即日、最短で借りる方法」・・・30日間無利息のキャッシングを利用すれば利息なしで急場をしのぐことも可能。各社から即日キャッシングする方法を解説。

 

人気コンテンツ

NHK受信料払わないとどうなる?
NHK受信料は払わないとダメ?NHK受信料を滞納したらどうなるのか。

携帯料金が払えないとどうなる?
携帯代を払わないとどうなるのか?利用停止や強制解約のタイミングは?

年金を払わないとどうなる?
年金は義務?督促のパターンは?強制徴収される人とは?