払えないとどうなるの?

滞納と延滞の違いとは?

滞納とは、「(税金・会費などを)定められた期限までに納めないこと」。

延滞とは、「支払いや納入が、きまった日を越えて、とどこおること」。

「滞納」と「延滞」について、言葉を調べるとこのような違いになりますが、ハッキリ言ってよくわかりません。
結局、両者とも同じことを言っているように感じます。

どちらも要するに、「支払うべきお金を支払っていない状況」ということでしょう。

滞納金と延滞金の違いは?

「滞納」と「延滞」の違いはあまりよくわかりませんでしたが、「滞納金」と「延滞金」では意味に違いが見えてきます。

延滞金とは、期日までに支払いをしなかった料金が「滞納金」という名前に変わって請求される。

延滞金とは、期日までに支払いをしなかった事による「滞納金」とは別に追加されるお金のこと。

つまり、「滞納金」は本来支払うはずだった金額で、期日を過ぎた後に請求されるもの。
そして「延滞金」は、その「滞納金」にプラスして請求されるペナルティのような料金のことを指すことが多いと考えられます。

 

>>Q&A一覧に戻る

↑TOP