払えないとどうなるの?

異動情報(ブラックリスト)とは?

分割払いの料金やクレジットカードやキャッシングなどの支払いが3カ月以上滞ると信用情報機関という所にその情報が登録されます。
一般的に言われる「ブラックリストに載る」とは、このようにして情報が登録されることであり、異動情報、事故情報などとも言われます。

この異動(事故)情報を登録する信用情報機関は3機関あり、異動情報(ブラックリスト)を共有しています。

  • CIC
  • JICC(日本信用情報機構)
  • 全銀協:全国銀行個人信用情報センター(KSC)

1度登録されると完済後も5年間は記録が残り、カードやローンの審査で不利に働くことがあります。

ブラックリストに載って困ること

ブラックリストに載ってしまった場合のデメリットは、「もうお金が借りれない」ということです。返済するまでローンやクレジットカードも新規に利用することができなくなります。

スマホも一括購入しなくてはいけなくなりますし、クレジットカードを使うネットショッピングなども難しくなります。長引くと生活のいたる所で不便に感じることになるでしょう。

また、いざという時にもお金を借りる公的な手段がないため、ここで「ヤミ金」に引っかかってさらに泥沼にはまる人も多いようです。

ブラックリストに載っても起きないこと

ブラックリストに載るデメリットは基本的に上記のみであり、「犯罪者として警察に捕まる」「ヤクザのような借金取りが連日押しかけてくる」というようなことはありません。

税金や電気料金、電話料金の滞納もブラックリストに登録される?

税金や電気・ガス・水道料金や、電話料金などの利用料金の滞納については、ここでいうブラックリストに登録されることはありません。
上記の信用情報機関が管理しているのは、貸金業者や信販会社、クレジットカード会社との取引に関する情報のみです。

自分がブラックリストに載っているか調べる方法

自分がブラックリストに載っているか調べるためには、ご自身で上記に記した個人信用情報機関にご自身の個人信用情報を開示する手続きをする必要があります。

 

>>Q&A一覧に戻る

↑TOP