払えないとどうなるの?

↑TOP

今さら聞けない、プリペイドカード、デビットカード、クレジットカードの違いとは?

うまく利用できれば便利でお得なのはわかるけど、何だかわかりづらい3つのタイプのカード、その違いについてここでちゃんと理解しておきましょう。

簡単にまとめると、3つのタイプのカードの特徴は次のようになります。

プリペイドカード
前払い式で入金分しか使えないので気軽に使えるカード

デビットカード
リアルタイムで口座引き落としされる現金感覚のカード

クレジットカード
使った分は後払いの定番カード

クレジットカードは多くの人が利用しているので馴染みがあるでしょうし、プリペイドカードも電車などの交通機関を通じて利用している人も多いはずです。
もっとも馴染みがないのはデビットカードですが、これも最近利用者がどんどん増えているそうです。

使える場所が増えたのはもちろん、それぞれのカードの特徴を理解して、シーンに合わせてお得な使い方をしている利用者が増えているからです。

さて、3つのカードについてもう少し詳しく見ていきましょう。

3つのタイプのカードの比較

プリペイドカード デビットカード クレジットカード
支払い方法 事前にカードに入金(チャージ)した残金から精算 リアルタイムで銀行口座から引き落とし 翌月に銀行口座から引き落とし
支払い回数 1回払いのみ 1回払いのみ 1回払いのみ、リボ払い、ボーナス払いなど
利用可能額 チャージした残高の範囲内 預金口座残高の範囲内 利用限度額の範囲内
キャッシング・ローン × ×
海外での現金引き出し ×
審査 なし なし あり

プリペイドカードの特徴

プリペイドカードの最大の特徴は、あらかじめ入金した金額分しか利用できないことです。それによって使いすぎの心配がなくなります。

入会審査もなく、カード購入後に何度でもチャージすることで繰り返し利用できます。

最も有名なプリペイドカードはJRスイカなど交通機関のものです。これによりわざわざ切符を買う手間が省け、改札でピッとプリペイドカードをかざすだけで改札を通過することができます。

主な利用シーン
交通機関での利用、スーパーやコンビニでの買い物。

デビットカードの特徴

デビットカードは、利用するとリアルタイムで銀行口座から代金が引き落とされるというもの。したがって、自分の銀行口座の残高がなければ利用できないので、クレジットカードほど使いすぎの心配がありません。

一方、わざわざATMから現金を引き出して買い物する必要がないのでATM手数料が節約できます。つまり、自分のお金を現金でなくカードとして気軽に持ち歩けるといっても良いでしょう。

特に家電量販店での利用が多いようです。デビットカードなら、多額の現金を持ち歩く必要がありませんし、ポイント還元率が高いというメリットがあります。(大手家電量販店のポイント還元率は、現金払い10%、デビットカード10%、クレジットカード8%となっている)

主な利用シーン
海外での利用、スーパーやコンビニ、家電量販店での買い物。

クレジットカードの特徴

クレジットカードの最大の特徴は、後払い式ということでしょう。それによって今手持ちのお金がなくても買い物することができます。

もっとも、それにより使いすぎのリスクが発生します。限度額の範囲内ではありますが、お金がなくても買い物できるわけです。翌月払いや分割払いなど自由に選択できます。クレジットカードの使いすぎで苦労した経験を持つ人も多いはずです。

しかし、クレジットカードは利用可能な場所も多く、ポイントが溜まったり、保険や保証が付いていたり、様々なメリットを享受することもできます。いざという時のためにも1枚は持っていたいものであることは間違いありません。

主な利用シーン
ネット通販、海外での利用、高額商品の支払い。

 

人気コンテンツ

NHK受信料払わないとどうなる?
NHK受信料は払わないとダメ?NHK受信料を滞納したらどうなるのか。

携帯料金が払えないとどうなる?
携帯代を払わないとどうなるのか?利用停止や強制解約のタイミングは?

年金を払わないとどうなる?
年金は義務?督促のパターンは?強制徴収される人とは?